スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリー

--/--/--(--) - スポンサー広告 - ranking(25) -

パソコン職業病

パソコン職業病

ここ数日、激しい偏頭痛と左手の痺れに悩まされていました。
少し頑張ってパソコンに向かいすぎたのが原因のようです・・・・
私は、まだ「職業」と言えるほどパソコンを使ってはいないとは思いますが
やはり、毎日使用するものですからできるだけ体への負担は少なくしたいもの。
という事で、今回はパソコン職業病とその対処法について調べてみました。

パソコン職業病とは?

パソコン職業病とは、パソコンを日常的に長時間使用する人の職業病ともいえる体への負担や症状を総称したものです。主に、首や肩・腰などの痛みや体全体の倦怠感、私の場合はひどい偏頭痛と左手の痺れ、右手の痛み、足の股関節の痛みなどが症状として出ました。

このようなパソコンを使用して出る症状の一つとして、マウス症候群というものもあるそうです。マウス症候群はマウスを長時間使用して、手首を不自然な形で固定してしまう為に起こる症状の事でまたの名をマウス腱鞘炎。仕事でパソコンを使用する人だけでなく、長時間パソコンを使用するPCのヘビーユーザーにもよく見られる症状です。欧米では、このような症状を総称して反復性ストレス障害と呼びます。

他にも、代表的なパソコン職業病がVDT症候群です。VDT症候群は、長時間にわたりディスプレイを見続ける為に目や体、更には心にまで影響を及ぼす病気のことで、別名ではテクノストレス眼症とも呼ばれます。症状として、眼球の乾きや痛み・全身の痛み・精神不安や抑うつ状態、睡眠障害などの症状も出てきます。

パソコンの使いすぎの結果

このようにパソコンの長時間使用によって現れる症状は、軽く見ていると少し怖いものになるかもしれません。というのも、実際に私はここ数日間、家事をするのも大変でした(笑)パソコンの電源を入れて、ディスプレイを見ても頭が痛くて何も思い浮かばないような症状です。

欧米での調査によると、パソコンが原因になって起こるこのような職業病を訴える勤労者は年間14%から46%にものぼるといいます。米国では、症状を訴える件数は年間25万件以上にも及び、そのその経済損失は3兆から6兆円だそうです。

このようなパソコン職業病は、そのままにしていて治るはずもなくどんどん悪化していく一方だとか。慢性化してしまうと治療にも時間がかかるため、仕事を休業せざるをえないようなケースにまで発展する事もあるようです。

女性の場合は、筋肉があまりないので肩こりなどの症状に早く気付く場合が多く、早期に医師にかかるケースが多い為大事には至らない場合が多いようですが、男性の場合は症状に気付きにくく、脊椎ヘルニアなどの手術が必要な状態まで悪化するパターンもあります。

パソコン職業病の予防方法

休憩を入れる

パソコン職業病の予防方法としては、やはり長時間のパソコン使用の際にはきちんと休憩の時間を入れる事。夢中になると何時間でもパソコンを叩いてしまいたくなりますが、そこはじっと我慢するのが大事なのかもしれません。私の場合、1度中断するとアイデアが飛んでいってしまいそうでついつい休憩を取らずにキーボードを叩きがちですが、1時間に5~10分の休憩は必ず取ろうと心に決めました。

医師に相談する

あまりにも症状が悪化するようであれば、きちんと病院に行って医師の診断を仰いだほうがよさそうです。ですが、病院の何科にいけばいいのか悩むところですね・・・・目の疲れが主なら眼科、腱鞘炎がひどい場合は整形外科、全体的に症状が表れている場合は心療内科や神経科なども視野に入れるのでしょうか?私は医療関係には明るくないので、病院で症状を伝えて判断してもらったほうがいいのかもしれません。

十分な睡眠や休息・適度な運動

つまりは「規則正しい生活」という事になるでしょうか。夜中遅くまでパソコンを使用しないようにして、ある程度の時間になったらストップする事。夜はゆっくり眠る事。パソコンの前で作業するだけでなく、休みの日などには適度に体を動かす事。今回、私も「適度な運動」をしようと思い、調子にのってゴールデンウイークの最終日には主人とキャッチボールをしたのですが、今日はかなりの筋肉痛です。いきなりの運動は良くないようですね。


私はパソコンを使うのが好きです。きっと、しなければいけない用事がなかったらずっとディスプレイの前にいるかもしれません。ですが、その楽しい時間も健康あっての事。今回で、十分体験しました。みなさんも、パソコンをご使用の際には十分休憩を取って、体を壊さないように気をつけて下さいね^^;

参考:パソコン職業病
PCヘビーユーザーを襲う「マウス症候群」
VDT症候群
スポンサーサイト

↓↓記事更新の大きな励みになっていますので
記事が参考になりましたら、ランキングのクリックお願いします。
人気ブログランキング ブログ村アフィリエイトランキング

ついでにブックマークもどうぞ(`・ω・´)ゞ

関連エントリー

2008/05/08(木) - 豆知識 - ranking(25) - comment(6)

コメント

K子さんこんにちは。

体調はいかがですか?
あまりムリせずに・・・といっても
ついつい・・・というのは、
自分もそうですのでよく分かります(^^;

パソコン職業病ですか・・・
自分も偏頭痛に悩まされています・・・。
肩こりもひどいです。

でも仕事上どうしても
PCはやらなければなりませんので、
せめてもの5~10分ぐらいの
休憩は入れるようにしたいですね。

2008/05/08-14:28 | URL | interkune #-[ Edit]

こんばんは

体調大丈夫ですか?
私も職業上と趣味でパソコンをいじりますので
手とか首がとても痛くなります。
熱中すると止まらなくなるので
気をつけたい所です。
確かに健康があってこそですものね^^

2008/05/08-20:01 | URL | 焼酎Rock #SFo5/nok[ Edit]

思い当たることばかりで・・・^^;

K子さんのブログ更新頻度すごかったですもんね。
内容の濃い記事をバンバン書いておられたので、この人はタフな人なんだなぁって感心していました。
でもやっぱり頑張るとみんな体に出ますよね^^;
私も首・肩こり、偏頭痛などはしょっちゅうです。
去年は腱鞘炎で整形外科へ通院しました。
今はドライアイで眼科通いをしていますw

ストレッチをしたり外の景色を眺める時間を強制的につくるくらいの気持ちじゃないといかんですね。。

2008/05/08-23:30 | URL | トモヒロ #czZpYi9o[ Edit]

>>interkuneさん

左手の痺れはなくなりましたが、偏頭痛はよくなりました。
休憩を入れるのはやはり大事ですね。
ずっと続けるよりも、そのほうが頭の整理にもなって
逆に効率がいいのかもしれません。

>>焼酎Rockさん

やはり、熱中すると止まらなくなりますね!
バーチャルではあるにしろ、様々な世界が目の前に広がっているという事が
どうしようもなく楽しいのかもしれません。
健康には十分留意したいと考えています。

>>トモヒロさん

自分でもタフなつもりでしたが(笑)
以前よりも、このブログをはじめてから明らかに
パソコンに向かう時間は増えていました。
トモヒロさんは通院もなさってるんですか!
私は実際に病院に通ったり、とまではいきませんが
早期に改善ができるように心がけたいです。

みなさん、ご心配ありがとうございました。


2008/05/10-02:28 | URL | k子 #DvMljoeY[ Edit]

おはようございます。

私、今まではPCの前に座って
じっと遊んでました。

私の場合は左の肩甲骨あたりがしびれる時があります。
ずっちゾワゾワしてる感じで気持ち悪いです。

それとPCをずっと触ってると
寝起きの目の腫れ方が尋常じゃないです。笑

ただでさえパンパンなのに・・・(;´∀`)

2008/05/11-08:30 | URL | MANU #-[ Edit]

>>MANUさん

>左の肩甲骨あたりがしびれる時があります。

ああ!それ私もあります!
何だろうな、と思っていたのですが
PC使用のせいもあるんですね。
「しびれはただの運動不足」と主人に言われて凹んでいますw

目にはあまり影響がないように感じていますが、
自覚症状が無いだけなのかもしれません。
とりあえず、休息は大事ですね。

2008/05/12-05:01 | URL | k子 #DvMljoeY[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

track feed