スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連エントリー

--/--/--(--) - スポンサー広告 - ranking(25) -

楽して簡単にネットで稼ぐ方法

楽して簡単にネットで稼ぐ方法

ネットでお小遣いやアフィリエイトのサイトを見てみると、 やはり「不労所得」や「楽で簡単に」「誰でも」「リスクなく」 儲ける方法、といった記事が人気のようですね。

私は楽して稼ぐような方法はあまりブログの記事で書かないのですが、じゃあネットで楽して稼ぐ方法はないの?というと、実は、あります。楽して誰でも簡単に稼ぐ事のできる方法が。

今日は、そんな「楽して誰でも簡単に稼ぐ方法」についてお話したいと思います。

まず、最初にお伝えしておきたいのは「誰でも楽して簡単に儲ける方法」というのは、それだけの代償があるという事を覚えていてください。世間では、人は一生懸命体を動かし、頭を使って自分や家族を養う為に働いています。そして、その対価として収入が得られるのです。

それに反して、楽に簡単に稼ぐという事はそれなりのデメリットがあるから、なのです。そのデメリットは様々なもので、時には法律に反する場合もあります。私がこのエントリーを書く理由は、誰でも簡単に楽して稼ぐ事を推奨する理由からではありません。その事に対するリスクを知ってもらう為です。最終的な結論は自己判断でお願いします。

楽して稼ぐその1・自己アフィリ

これは有名な方法ですから、ご存知の方も多いと思いでしょう。

自己アフィリというのは、自分で申し込み可能なアフィリエイトを自分自身で購入したり、会員登録や資料請求をしたりしてお金を稼ぐ事です。

ほとんどのASPでは、自己アフィリがOKな案件とそうでないものにわかれます。特に、A8.net ではセルフバックというシステムを設置して、自分で申し込みができる案件をまとめられているので、自己アフィリしやすいです。報酬が高いものではクレジットカードの申し込みなどは1万円を超えるものも多数。ポイントサイトなどを通して申し込むよりも、実際にセルフバックのほうが報酬が高い事も多いので人気が高いです。他にも、FXやトレードカンパニーの資料請求・会員申し込み・エステの体験など、様々な案件が自己アフィリできます。

自己アフィリのメリット

自分でアフィリエイトリンクを作成して申し込むだけですから、本当に「楽に、誰でも、簡単に」稼ぐ事ができます。特別な知識も必要ありません。

自己アフィリのデメリット

まず、個人情報を無駄に出していく行為だという事を最初に理解しておいてください。あまり気にしない人にはいいかもしれません。自己アフィリでも、報酬の高い案件は、それなりの理由があることが多いです。クレジットカードの申し込みなどでは、年会費がかかるものもあるのでしっかりチェックしましょう。一気に何枚もクレジットカードの申し込みをすると、発行されなくなるパターンもあるようです。

報酬が高い資料請求や会員登録などでは、その後電話での勧誘がある事も多いです。私の場合、パチンコ関係の資料請求(3~4000円の自己アフィリだったと思います)では1週間に1度くらい電話の勧誘がありました。証券会社などの資料請求も、会社によっては電話の勧誘がある場合も多いです。女性なら、エステの体験は高いもので6000円前後と高額ですが、もちろん体験に行ったら契約を促されます。

他のデメリットとしては、即金ではないという事です。自己アフィリで申し込みをしてから、実際に銀行に振込みがされるのは早くて2ヶ月後・承認が遅ければそれだけ後にしか報酬は入りません。

自己アフィリは楽で誰でもできるネットで稼ぐ方法ですが、企業側もお金を出して宣伝しているわけですからその分効果を期待されるでしょう。自分が興味のある分野で、電話の勧誘も全然OK!なら、試してもいいかもしれません。あくまでも自己責任でお願いします。

楽して稼ぐその2・強制アフィリ

強制アフィリというのは、サイトやブログにコードを挿入して強制的にアフィリエイトのクッキーを踏ませる行為です。iframeやimg src、最近ではjavascriptを使用した強制アフィリがあります。知らないうちにクッキーを食わされているので、訪問者は気付きません。主に、クッキーの有効期間が30日と長い楽天アフィリエイトで強制クッキーが行われる事が多いようです。

強制アフィリのメリット

楽です。頭を使わずにアクセスがあるサイトを作ればいいだけ。

強制アフィリのデメリット

規約違反です。大きく言えば、詐欺行為なので犯罪にもなりかねません。もちろんASP側もこの問題について対処しています。強制アフィリが発覚した場合は、アフィリエイトのアカウントと報酬は全て抹消されます。各ASPは、このようにブラックなアフィリエイトをしているユーザーの情報を共有しているとの噂もありますので、ひょっとしたらどのASPでもアカウントが取れない・・・なんて事態になるかもしれません。

実は、私はアフィリエイトをはじめたばっかりの頃、この強制アフィリというものを知りました。その頃は、この事事態が犯罪になる恐れがあるとも知らず「インターネットってこんなに楽して稼げるんだ!すごい!!」とびっくりしました。単なる裏技と思っていたのです。それから、この行為自体が非常に悪質であり、リスクも高いという事を知って反省しました。「知らなかった」では済まされない事がないように、ここでしっかりと書いておきます。強制アフィリをやってはいけません。仮に訴えがあったとしたら賠償金などを払わなければいけない事態にもなりかねません。

楽して稼ぐその3・スパムトラックバック・スパムコメント・スパムメール

スパムトラックバックやスパムコメント・メールに悩まされている人も多いでしょう。いちいちコメントやトラックバック・メールを削除するにも時間がかかります。自分の貴重な時間を、 こんな迷惑行為で取られるかと思うと非常に腹立たしい事です。なぜ、スパムトラックバックやコメント・メールをする人が後を絶たないかというと、儲かるからです。手法としては、ツール等をつかってクリック報酬型のアフィリエイトリンクを短縮URLで短縮し、URL部分や本文に仕込んだりアフィリエイトサイトに飛ばしたりします。中には、ワンクリック詐欺などの業者がサイト誘導の為にスパム行為をする事もあるようです。

スパムトラックバック・コメントのメリット

楽です。手動でやるなら時間がかかるでしょう。

スパムトラックバック・コメントのデメリット

スパムメールは犯罪です。特定電子メール送信適正化法違反などで逮捕されます。今年の2月にも、都内の男性が逮捕されています。
参照:スパム22億通送信で逮捕
スパムトラックバックやコメントも、迷惑行為である事には変わりありません。逮捕された25歳の男性は。「まさか捕まるとは思わなかった」と供述しているとの事です。

強制アフィリの欄でも書きましたが、アフィリリンクに飛ばす為にスパム行為をしていたらアカウント削除や報酬の凍結がなされるケースもあります。

楽して誰でも簡単に稼げる

すごく魅力的な言葉です。今の状態に不満があったり、もっと自由に使えるお金が欲しかったりという事は誰にでもあると思うので、できれば楽して稼ぎたいというのは大体の人にとって本音でしょう。私も、できるならもっと楽ができないかと常々思っています(笑)

ですが、楽な事にはその分デメリットがあるという事実を覚えておいてください。例外はほとんどありません。なぜ楽なのか、なぜ簡単に誰でもできるのにお金が入ってくるのかを考えてみてください。

私がアフィリエイトやアドセンスなど、ネットでの収入という道を選んだのは「楽に稼げるから」ではありません。(でも、外に出て働くよりは遥かに楽だと感じています)自分自身で、頑張れば頑張った分の報酬が得られるからです。毎日試行錯誤しながら新しい発見があったり、検索エンジンのページのキャッシュ数に一喜一憂したり、キーワードを探したり。

このような行為が、本当に楽しいからアフィリエイトをやってます。毎日キャッシュポイントのないこのブログで、長文を書き続けることができます。自分の力で積み上げていけるものがあるのは、すごく幸せです。

2007年の調査によると、ブログアフィリエイトで月に5000円以上の収入がある人は全体の7.1%だそうです。この数字を、「アフィリエイトは儲からない」と取るか、「まだまだ参入の余地がある」と取るかはあなた次第だと思います。
参照:第10回ブロードバンドコンテンツ利用実態調査

本日も、長い文章にお付き合いいただいてありがとうございました。

tags:/

スポンサーサイト

↓↓記事更新の大きな励みになっていますので
記事が参考になりましたら、ランキングのクリックお願いします。
人気ブログランキング ブログ村アフィリエイトランキング

ついでにブックマークもどうぞ(`・ω・´)ゞ

関連エントリー

2008/04/30(水) - 豆知識 - ranking(25) - comment(8)

コメント

K子さんこんにちは。interkuneです。

相互リンクありがとうございます。
先日はコメント欄から申し込んでしまって失礼いたしました。

K子さんのサイトの内容の濃さ、K子さんの知識の深さには
いつも感心させられます。
自分でもいろいろ調べたりしているのですが、分からないことがまだまだたくさんあるので、しょっちゅう訪問して勉強させていただきたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします。

P.S. 先日の記事にあるサイトの件は何らかの形でK子さんにお教えしたいと思いますので、しばらくお待ちください。

2008/04/30-10:16 | URL | interkune #-[ Edit]

何に楽を感じるかは人それぞれ違えど
楽して稼ぐシステムを作るには、
先にその分苦労しないといけないですねv-29

いつも楽しく読ませてもらってます。

リンクありがとうございます。
私のブログにもリンクさせていただきました。

2008/04/30-13:45 | URL | 主夫noMUNE #-[ Edit]

参加のお誘い

新感覚競馬予想ゲーム『ウマオネア』ただいまエントリー受付中!!
5/4(日)天皇賞・春の1着馬を当てると『100万円』のチャンス!
★エントリーはこちらから!
http://www.uhauha.net/ad/vs10.html

2008/04/30-17:12 | URL | ウマオネア実行委員会 #qbIq4rIg[ Edit]

>>interkuneさん

コメントありがとうございます。
私もまだまだ未熟な点が多々あるので、お勉強させてください。

サイトの件、了解しました。
楽しみにしています^^

>>主夫noMUNEさん

あ、そうですね。その部分を書く事を忘れていました。
ある程度稼げる形を作れば、楽して稼げる可能性はありますね。
ただ、何かに依存して(特にアドセンスならgoogleに)いる
収入形態をシステムとして作っても、
何か変動があった時に大きく崩れるのが怖いと思っています。
色々なパターンを作成して、リスクヘッジができるような感じで頑張りたいと思っています。

コメントありがとうございました。

>>ウマオネア実行委員会様

コメントありがとうございます。
uhauha.net様に問い合わせのメールを致しました。

2008/05/01-01:31 | URL | k子 #DvMljoeY[ Edit]

いつもお世話になっています^^

今回も大変勉強になりました^^
実は、アマゾンで自己アフィリして怒られた
事があります・・・。
楽天は報酬が少ないですがなかなか良さそうですね☆



2008/05/01-02:34 | URL | 焼酎Rock #SFo5/nok[ Edit]

>>焼酎Rockさん

自分で自己アフィリしているつもりがなくても、
自分のクッキーが残っている場合もありますよね。
楽天は、ほとんどが1%なのが辛いですが
ちりも積もればと思っています。ついでに踏んでくれればいいかな、という感覚です。

ルルーシュは、まだ見ていません^^;
正直、はまるのが怖いです・・・・

2008/05/01-07:22 | URL | k子 #DvMljoeY[ Edit]

スパムメールについて知りたいことが・・・

私の勤めている会社ではメル鯖を社内にたてているのですが、スパムフィルタをかけないと私のアドレスには1日300通くらいきます。
そのうち自分が必要なメールは十数通ほど・・・。

よく、受信サーバがフィルタリングをしていることを想定してキーワードを工夫してくるスパムがあります。

例えば

ROLEX
なら
R0LEX(オーがゼロ)
とか
R O L E X(スペースを入れる)

などです。

相手が拒否していることが前提で、
その上でスパム認定をすり抜けようと細工して送っている
わけですから、相手が内容を読んでくれることやクリック
してくれることを期待して送っているとは、とても思えません。
(そもそも読まなければクリックもしないし)

ということは、読まれることが重要なのではなく、サーバが受信することが重要なんですかねぇ?
宛先不明や受信拒否で返ってこないことが確認できたら報酬を受け取れるとかそういうシステムなんですかね。

あそこまでして送ってこられると、逆にどうなったら成果として認められるのか知りたくもなりますw

K子さんなら、もしかしたら知ってるかなと思い、書いてみました。

もしブログ運営上、
不適切なコメントでしたら削除してください m(_ _)m

2008/05/01-23:44 | URL | トモヒロ #czZpYi9o[ Edit]

>>トモヒロさん

こんにちは。私も、いわゆる捨てアド状態なメールアカウントには1日2~300通メールがきます。海外系では、バイア○ラとか○レックスは多いですよねw

>相手が拒否していることが前提で、
>その上でスパム認定をすり抜けようと細工して送っている
>わけですから、相手が内容を読んでくれることやクリック
>してくれることを期待して送っているとは、とても思えません。

勝手な私の考えですが、スパムを送る側の心理としては
どんなにフィルタをかけられようが、スパムフォルダに振り分けられようがとりあえずサイトまで飛ばす(何かしらのアクションを起こされる)事が目的だと思います。

細工をしてくるのは、到達率を少しでも上げる為の対策であって、向こうにとってはスパムを送る先がどういう状態であるかは関係なくて「生きているかそうでないアドレスか」という事だけが重要なんじゃないでしょうか。

サーバーが受信しただけで報酬が発生するようなシステムがあるかどうかは私にはわかりませんが、ザイオン効果もあって何度も似たようなメールを送る事によって「ユーザーが、このメールを気にするようになる」という心理も関係してくるかもしれません。

実際、フィルタリングしても巧妙な手口でメールを送ってくるスパマーに対して、トモヒロさんは興味を持ちだしています。実際にアクションを起こすつもりはなくても、このようなユーザーが増えると中には「どんなスパムなサイトをやっているか見てやろう」「サイトで連絡先が書いてあるかもしれないから、行って文句を言ってやろう」とクリックする人も出てくるはずです。

と、勝手に想像してみました^^

2008/05/02-19:33 | URL | k子 #DvMljoeY[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

track feed